ちょこっと防災

非常食になる缶詰め賞味期限チェックはマイルールで

更新日:

備蓄の管理ってどうしたらいいですか?って質問をうけます

答えは、期限チェックの癖をつけていくことだけ・・なんです。
買ったことで安心は出来せん。
備蓄用で買ったモノは永久不滅ではないからです。

何事も、何かしら制約や決まり事があると思います。
それが面倒でも、大変な事でも、やらなければならない事があります。

始めは面倒でも、それが当たり前になる、習慣になってしまえば面倒ではなくなるのではないでしょうか?

例えば

我が家の備蓄の缶詰めの賞味期限チェックもそうです。
毎日する必要はなく、何か月に1回とか、新しい缶詰めを買ったタイミングでしています。
それだけなんです。

今回は、令和3年になるタイミングで、つまり、2021年になるタイミングです。
缶詰めの賞味期限を見ていくと、2021年で切れるモノがありました。

買ったのは多分2018,2019年頃ではないでしょうか?
賞味期限はまだまだって思っているうちに、あれ?もう今年なんだ!!
ってことですね。

これらは近いうちに食べてしまわなければならないので、防災備蓄のコーナーから移動させて、キッチンの食材を入れているエリアに移動させます。
それだけです。

ちなみに手で持っているモノは、サバ缶などの味変が出来るという3種のパテの素というKALDIで売っていたもので、水煮缶がイタリアの味に変わったりします。

例えば、安いサバ水煮缶を沢山買った時に、味がイマイチだったとしても、工夫をしてカレー味とか、マヨネーズ味にしたり、この様な味の素を持っているだけで楽しくなります。

簡単ですよね。

収納場所は、それぞれの家の間取りで違います。
また、備蓄必要な個数も、各家庭の人数で違ってきます。

基本はマイルールでやってみてください。

防災備蓄収納が理解出来る、防災備蓄収納2級プランナー認定講座
今年から、今まで通りのリアル講座とオンライン講座も始まります!!

ZOOMオンライン講座開催致します。

日時が合えば、距離は関係なくなりますね。
ご家庭からご受講出来ます。

詳しくはもう少しお待ちください。

-ちょこっと防災

Copyright© 魅せる防災備蓄収納® , 2021 AllRights Reserved.