参加者様・お客様の声

[防災備蓄収納】

~神戸婦人大学受講者様の感想~

・取り組み易い気持ちになれました。
・ちょうど今片付けをしているところだったので、準備していきたい
 です。
・とても参考になりました、今日から始めようと思います。
・具体的な内容で早速出来る事から始めます。
・直接役立つ情報を得る事が出来ました。
・慌てない、困らない、探さない、不安ない状態にしたいです。
 まずは押し入れかスタートしてみたい
・足りない備蓄を少しずつ買い足していきたいです。
・震災時、先生と同じ灘区に住んでいたので当時のことを思い出し
 ました。
・非常食の再考するきっかけになりました。
・話もわかりやすく毎日の生活に役立ちそうです。
 勉強になりました。
・早速防災備蓄します!!(他2名)
・日頃の防災について考えさせられる良い機会になりました。
・オール電化住宅なので、トイレのことは頭になくて今回
 考えさせられました。
・丁寧にわかりやすくよくわかりました、参考にします。
 さっそく用意にかかります。
・最近忘れていた事でおもいださせてくれました。
・伝える内容が多くすごく早口で話してくださって感謝!
 ワークシートに書き込むことが理解することに役だった。
 すごくわかりやすく実物を見せもらったのが良かった。
・よくまとまって無駄がなくとても有意義な講義でした。
・今日から始めて準備したいです。
・1日の水の量と1週間分の備蓄を教わりました。
・備蓄の内容や量などを考えるきっかけになりました。
・備蓄をもう一度確認しようと思っています。
・早速帰りに100均に寄って耐震グッズを探して靴箱、食器棚、
 台所の扉の対策します。
 水も備蓄します。おいしい非常食もやってみたいです。
 友達にもプレゼントします。
・今まで気にもしていない事(当たり前のこと)と思っていたが備え
 が必要になるかもしれないという意識が持てました。
・災害をイメージする、片付ける大切さがわかりました。
 非常食を食べてみることにします。
・帰ってすぐ防災の為に片付けて必要な物を購入しようと思いました。
・実践します。
・楽しい講義があっという間でした。防災についてよくわかりました。
・今日帰宅して家の中を見てもう一度考え、非常時に備えを考え
 直してみたい。
 初めて見るグッズが沢山あって良かった。
・色々知らない防災グッズを教えて頂いて良かった。
・片付け始めます。
・防災備蓄品について具体的に(現物を持って来て見せて下さって)知ることが出来てよかったと思います。

【防災備蓄収納2級プランナー認定講座と防災備蓄収納セミナー】

参加する前と後でどのような変化がありましたか?

・内容的にワクワクがとまりませんでした
・帰ったらすぐ実行してみようと思いました
・実体験をもとに話をして頂いて理解しやすかった
・わかりやすくて家の防災備蓄をきっちり作りたいと思いました
・家の備蓄のなさを実感しました
・知っているようで知らない事ばかりだなって思いました
・正しい知識を持つことの大切さを実感しました
・帰宅したら今一度備蓄品を確認して充実させようと思いました
・災害の多さに驚きました、いつ何が起こるかわからないことが
 身近に感じました
・何も備えをしておりませんでしたので、これから準備しようと
 思いました
・備えの大切さを感じました
・防災食を実際に食卓に出して家族の好みを見つけようと思います
・防災バッグの見直し
・食品庫の見直し
・家族や妹にも伝えようと思います
・防災備蓄について本気で考え、少しずつ揃えていこうと思います
・備えの大切さを感じました
・防災食を実際に食卓に出して家族の好みを見つけようと思います
・防災バッグの見直し
・食品庫の見直し
・家族や妹にも伝えようと思います
・防災備蓄について本気で考え、少しずつ揃えていこうと思います
 印象に残った事
・トイレの処理の仕方
・防災食の種類の多さ、味もバラエティーに富んでいた事
・防災備蓄品の豊富さ(食品、紙パンツ、トイレ)
・防災食が思っていた以上にに美味しくてびっくりしました

・防災関連の意識が高まった
・普段聞けないセミナーで、わかりやすかった
・帰宅後すぐ我が家の防災備蓄の見直しに取り掛かりました
・我が家のざっくりとした備蓄量では足りないことに気付きました
・災害に備えたいはずなのに、自宅が何の災害にあいやすいのか
 わかっていない事に自覚しました

・ローリングストックについて意識がでた事 【60代男)
・トイレは非常に大事なのでストックになるものを買っておきたい (40代女)
・備蓄しておく量、場所が思っていたより多く必要なことがわかった(60代女)
・玄関に水が入った段ボールを置いているので片づけたいと思った(30代女)
・住んでいる所のハザードマップを調べたいです (30代女)
・体験された話しをされていたところがわかりやすかった(70代女)
・部屋のドアの注意と家具の置き方 (40代男)
・災害時の食事のメニューの組立が非常に役立った(同意見多数)(40代男)
・ウエットティッシュの新商品、ソーラー充電器
 単三電池の用意の知識がわかった(50男)
・風呂のお水を貯めることの問題点がわかった (50代男)
・大地震による排水管の破損による危険性がわかった (50代男)
・災害は忘れた頃にやって来ると
 改めてこころしておかなければならないと思った(60代女)
・自分の家を安全な家にしていく為の片付けをしようと思った(60代女)
・備蓄の大切さを学びました

・100均に行って教えて頂いた商品を購入します!(同意見多数)(70代女)
・非常食でなく日常食を1週間分備蓄する
・家具の転倒対策が出来ていないことがわかったので対策したい(30代女)
・薬の備蓄
・出先での被災することを考えて普段から持ち物を気を付けようと思った
(30代女)

・日頃から試食する
・備蓄の為に物を整理して作りた

【整理収納】

収納が崩れません。
家具を決めるのはお任せします。
家事の動線は短くなり、家の中がスッキリしました。
家が明るくないました。
気持ちが前向きになりました。

【収納セミナー】

Q.セミナーの中でどんな言葉が印象に残りましたか?

  • 10年後を考えての収納
  • 全てです。年を重ねた分だけのモノがあふれています。大変参考になりました。
    (耳の痛い、頭の重いことばかりですが、引越しまで頑張って良かったと言いたいです)
  • 管理できる量だけの、安心安全な暮しを目指してくださいという言葉です
  • 中々実行できない事を、身近に聞かせて頂いて、少しやる気になれました!
  • ボーッと、考えていた引越しについて、具体的で明確にに、そーそーと思いながら聞きました。
  • 早めの準備、わかっているけど…頑張らねば‼️
  • 防災備蓄のお話役に立ちました
  • 掃除機の、置き場年賀状の、処分方法
  • 8割収納、新居に、持っていきたいものは何か考えるという言葉、ありがとうございました。、これから、頑張ります!
  • 押入れの中の客用布団等、しんきょのゲストルームを使うことで、不要となる物品にらついて、気づくことが出来た!
  • ゴミ出しのタイミングを見据えた引越し準備について
  • 新居に、持って行きたいものを選ぶ
  • 8割収納
  • 自己診断チェックシートで、自分の事がよく分かりました。
  • 今から始める、押入れがなくなる、新居に持っていくものを選ぶ
  • 物と、むきあうためになった
  • 自分の、必要量と、適正量
  • 新居に、持っていく今から出来る事が、順に話されて、参考になりました
  • 本当に、必要なものだけを、新居に持っていきたいと思います


更新日:

Copyright© 魅せる防災備蓄収納® , 2020 AllRights Reserved.