講座レポート 参加者様の声

開催報告と参加様感想:広島防災備蓄収納2級プランナー講座

投稿日:

7月14日日曜日新大阪から広島へ

広島県には、幼少期には親戚がいましたので、色々な記憶があります
しかし、最近は行くこともなく
一人で広島に降り立つのは始めてでした

一般社団法人防災備蓄収納プランナー協会
防災備蓄収納2級プランナー認定講座を開催しました

場所は広島県南区民文化センター様です

始まる前にこちらの写真だけは撮れました

おおよそ6時間の講座です

内容はこちらからどうぞご覧ください

参加者様感想

講座では始まる前に事前アンケートに記入してもらっています
なので、ご参加される方は時間ぎりぎりではなく
15分前には着席されるとよいですね

少しシェアいたします

・災害時に必要な物について
情報がありすぎて理解できない
・情報がわからなくて、何をどれくらい準備すればわからない
・防災備蓄について漠然とした不安がある
・少しはやっているが果たして足りるのか?

講座の中で特に前半は、災害時の実情や
困る事についてお話をしますので、
毎回皆様前途多難な、不安なお顔になられます

ところが、講座が進むにつれて

あ!そうなんだ!
じゃ出来そう!
なるほど!
楽しそう!

お顔が明るくなって帰宅されています

事後アンケートより

・2級講座を受ける前はぼんやりしかわからなかったのですが演習の中でなにをどれだけストックすべきか理解できました
・実体験をもとに話をして頂いて理解しやすかった
・わかりやすくて家の防災備蓄をきっちり作りたいと思いました
・家の備蓄のなさを実感しました
・お水早速買います
・仕事面でも活かせていきたいです
・各家庭にあったストック量を決めればいいんだと理解できた

やはり

阪神淡路大震災を子育て中に体験していますので
経験者は語る

でも、楽しく語る所も沢山あります
それは不自由な生活の中で
学んだ貴重な生活の知恵だったり
人とのつながりがあったからだと思います

その頃は知らなかった言葉

自助と共助(協力の協助)

教えられてなくても
自然に困った時はお互い様
今自分が出来る事をする

そんな日々でした

今後も西日本でこの講座を開催出来ればと思っております

ご興味のある方はこちらをご覧下さい

-講座レポート, 参加者様の声

Copyright© 魅せる防災備蓄収納 , 2019 AllRights Reserved.