講演レポート 講演参加者様感想 防災備蓄収納のヒント

芦屋市開催:防災と備蓄の収納セミナー報告

投稿日:

7月20日 芦屋市男女共同参画センター様にて


防災士×片付けのプロから学ぶ

自宅防災と備蓄収納

セミナー登壇いたしました

定員は会場の大きさから30名でしたが、
募集開始2日にして30名近くになったそうで、
隣の会場部屋との仕切りを外して
倍の広さにして頂いたので、なんと50名ほどのお申込みになりました。

前には、色々な防災備蓄グッズや保存食を並べて
見て触って、覚えて帰って頂きました

ほぼ100均グッズで作った非常用持ち出し袋も作ってみました。
総合計は1500円の予算で出来たと思います。

食品も5年保存食の中で、食べて美味しいかな?と思った物


美味しいとは個人の感覚なので
一概には言えませんがまずくない物だと思います。

全て災害用の保存食にすると、丸4年間は何も
触らなくても収納しておけばよいので
ズボラさんにはオススメです

しかしコストがかかります

そこで近所のスーパーやコンビニでも
購入出来る物で賞味期限が1年以上あれば
充分に備蓄になるので、同じように
ご紹介しました

感想が少し届いていますのでご紹介します

  • 情報量が豊富
  • 自分でもできそうと思った
  • やってみようと思えた
  • 身近なところから始めれる様々なアイデア
  • 手軽さが魅力

セミナー後の質問も活発にして頂いて嬉しかったですね。

 カセットコンロ用のガスボンベについて
 どのように安全に保管すれば良いか?

製造から物流に耐えられるようになっているので
普通家の中で静かに保存であれば問題ないとお答えしました

実際に調べてみました

・高温は避ける
(40度以上になったり、直射日光に当たれば、
 ボンベの温度が上昇し爆発の恐れがある)
・缶がさびたり腐食しないようにする
・へこんだりしないようにする
・缶を箱やケースに入れて外部からの衝撃で変形しないようにする
・湿気がすくない場所に収納する

・野外の物置きは夏場の高温と多湿で不可
・キッチンや洗面所なども水回りも適していません
・リビングルームや寝室で冷暖房をよく使う部屋は
・温度変化で缶が結露する可能性があるので避ける事

温度変化が少ない場所
納戸、クローゼットに収納して下さい

この温度変化が少ない場所=防災備蓄品全てに必要な条件ですね

男の方で押し入れに、段ボールのまま
防災備蓄をぎっしりと詰め込むといいという
単なる倉庫のように考えている方もおられました

しかし収納と倉庫保管的な考え方は違うはずです
美しく、すぐ見つけることができる防災備蓄収納
そしておしゃれな防災
オシャレな防災備蓄収納を
女性目線でお伝えします



-講演レポート, 講演参加者様感想, 防災備蓄収納のヒント

Copyright© 魅せる防災備蓄収納 , 2019 AllRights Reserved.