防災備蓄収納のヒント

非常食の期限切れにご注意くださいね

更新日:

西日本は、大阪北部地震の次にたたみかけるような大雨で
甚大な被害がでております。

私も、以前25年子育てした校区で土砂崩れの被害をニュースで見て
知人の家の被害を心配しております。交通網が乱れている中、お片付け作業にいって参りました。
クローゼット収納から、防災備蓄収納も時間の許す限り致しました

なんとなく、家具があるから、とりあえず入れていた所です

 

 

 

 

 

キッチンの保存食や、缶詰の賞味期限チェックを一つ一つしていきました。
お忙しい方なので、日頃、気になっているけれど、なかなかできません。
こうやって、プロがお伺いすると、必要に迫られて、効率的にできますね。

以前非常食用に、購入されていた食品が、軒並み、期限切れでした。

いつも使わない物という判断で、キッチンの床下収納庫にいれたまま・・
忘れてしまっていたのです。

収納の仕方で、少しの意識の違いで、これらの勿体無い食品を減らせます。

お客様も、ああ・・・勿体無いことをしてしまったと反省されていました。

勿体無いことしたくないから、買わない、備蓄しない、食べないってことのないようにお願い致します。

ほかにも、同じジャンルの缶詰があちこちに、散らばっていましたので

そこは、整理収納アドバイザーとして、お片付けのプロでもあるので、
集めて、分けて、グループにして、収納します。

そして、防災備蓄収納マスタープランナーとして、

こちらのお家の食生活にピッタリのローリングストックの仕方や、
安心の為の、分けて収納もしていきました。

  • 何年も前のものはさすがに、処分です
  • 賞味期限きれが、最近なら、すぐに食べていくという判断をされました。

これらの物は、今から、すぐに食べて貰う物です

 

 

 

 

この収納場所に、これから、たべながら、備蓄する食品を入れていきます。

期限は2019年以降の物です
2018年の食品は、キッチンへ収納します。

これから買うべき物を、お話しして、土砂降りの中、帰宅しました。

 

缶詰も3か所収納ですが、大きな計画、流れを作って決めて収納します。

それを可能できるのは

  • 常に賞味期限を意識
  • 常に食品のローリングストックをしていることを意識

長期保存食材といっても、永久的ではありません

 

 

 

-防災備蓄収納のヒント

Copyright© 魅せる防災備蓄収納® , 2020 AllRights Reserved.