コラム

兵庫県神戸市 人と防災未来センターに行ってきました

更新日:

阪神淡路大震災の記憶を忘れないために

神戸市灘区にある 人と防災未来センターに行ってきました。

今は、芦屋に住んでいますが、神戸市灘区には、25年間暮らしていました。

人と防災未来センターの北側のショッピングモールやシネコンには

昔からよく立ち寄ってた場所なのに、ここには行ったことがなかったのです。

 

 

 

 

H29年から毎月17日は無料開放されているので、ずっと行きたいと思っていました。

仕事でなかなか行けませんでしたので、やっと行くことができました。

 

まずは、外の壁面には、南海トラフ巨大地震の最大津波高の想定

高知県黒潮町 34.4メートルの垂れ幕が・・・

わかりにくい写真で申し訳ありません

 

 

引きでは、この高さです。

もし、本当に30メートル級の津波が押し寄せてきたら怖いですね

 

 

 

阪神淡路大震災の再現映画がありましたが、実際に体験した私には

オープニングの音楽や、映像が、例えば、ゴジラ映画やSF作品映画のようで

ちょっと不満でしたね。

あんなにすぐに、ビルディングが、爆発したように、壊れていくのが本当かしらと思って見てました。

 

きっと何十秒も揺れているはずなのに・・と思ってしまいました。

 

語り部さんのお話しは、当時 コープこうべの食品関係部門にいらした方でした。

 

最初の3日間の食料不足の実話は、びっくりしました。

菓子パン一つが、4人家族の3日分の食料だったそうです。

 

私も同じ灘区で被災しましたが、六甲山の南斜面を切り崩した造成地で

岩盤に守れて、被害が少ない場所でした。

又、六甲山トンネルも無事だったおかげで、夫と小5の息子は、マイカーで六甲山を超えて買い物に行くことが出来ました。

六甲山の北側の神戸市北区や三田市は、被害もなく、全く平常通りの生活があり、食料品も普通に買うことができました。

それらを、食べていた私たちには、想像できなかった現実があったのですね。

それは被害の大きな地域では、スーパーの食べ物を略奪などがあったそうです。

語り部さんもその光景をまじかで見て、注意をしようとして出来なかったこと・・

それがずっと嫌な記憶だったそうですが、9年前に、ある学者さんに あの時のあの行為は

【超法規】だったんだと助言を言われて、気が楽になったそうです・・・

きっと生きていくために、仕方がない行為だったのでしょうね。

 

阪神淡路大震災の教訓から、災害時の初動が今は、よくなっていますが

本当に当時は、防災や減災や備蓄の習慣もなく 神戸は地震はないと思っていたぐらいですので

本当に 被災者も行政もなすすべもない状態でした。

 

これからくるかもしれない 東南海トラフ大地震、巨大津波がくるかもしれないですが

できる努力は、備蓄することだと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-コラム

Copyright© 魅せる防災備蓄収納® , 2020 AllRights Reserved.